FC2ブログ

長山リード工房

横浜出身のオーボエ吹きです。ここでは主にオーボエのリードネタ、オーボエネタについて書いていきます

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

掲載情報!

BAND LIFE(バンドライフ) 2017年 08 月号にオーボエリードの透かし写真を掲載していただいております♪

https://www.brasstribe.jp/article/arc20170706.html

BAND LIFE(バンドライフ) 2017年 08 月号
スポンサーサイト

| リード | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リードメーキング4 メーキングマシーンをかけよう

久々のリードメーキング講座更新!

糸巻きの回は後日更新します。多分。。



ところで、いつも糸巻きの時に使っているクランプ(100均で購入)ですが
IMG_0493_convert_20130210130015.jpg
2011年11月の時点↑



これが



2013年2月の時点↓
IMG_0006_convert_20130210130036.jpg




1年ちょっとでこうなりました。
けっこう巻いたようです。








で、今回は糸巻きが終わったリードをメーキングマシーンにかけます。

(全て手削りで仕上げる方法は本ページでは説明する予定は無いので、別サイトを当たってください



まずリードを湿らせて、先端を少し削ってからカットします。





そしてメーキングマシーンにセット。
使用しているのはリーガー社のマシーンで、型はヨーゼフ仕様になっています。


IMG_0004_convert_20130210125425.jpg




ここでこだわりポイント。
全部を削らずに、わざと真ん中を残して削ってます
IMG_0001_convert_20130210125358.jpg
わかるかな・・?


最初から型通りに背骨の部分を落としてしまうと後で微調整がしにくいので、ここでは残しておきます。


さらに場合によってはサイドも完全には削らずに微妙に残したりもします。
サイドを落としすぎると振動しにくいリードになってしまうので、ここも後で微調整できるようにしています。


左右及び両面とも対称になるようマシーンで削っていきます。


メーキングをかけただけの状態で、やや気合をいれて吹けば音がでるような状態になるようにマシーンは設定してあります。
この時点で材が柔らかすぎたり硬すぎたりして、良くなる見込みのないリードは容赦なくはねていきます


さて次はメインイベントです、ガシガシ削っていきましょう。

続く。

| リード | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Guercio マイヤーモデル

久々のチューブレポートです。


今年発売されたGuercio社のアルブレヒト・マイヤーモデルのオーボエチューブです。
マイヤー氏はご存知の通りベルリンフィルの首席オーボエ奏者です。



マイヤーモデル


上から見た画像。けっこう楕円。

IMG_0567_convert_20121123211058.jpg





内径はやや太めで、Chiarugi社の2+をほんの少し細くした感じです。
下の部分の径は4.8mmです。(oboe shopさんのサイズ表は間違っているため注意!)

Chiarugi2+ほど華やかな音ではなく、まとまりある暗めの音色です。
真ん中のCが開きにくいのも良いですね。
また、Guercio D-12よりも音が太いです。

音程のバランスもかなり良く、かなり良いチューブだと思います。



自分も9月の後半から使っていますが好調です。




ところで10月にマリゴのオーボエを中古ですが衝動買いしました
今メインで使っているのはマリゴなのですが、このチューブはマリゴにもヨーゼフにも相性は良いようです。

| リード | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

匠チューブ

暑くなってきましたね。
更新がなんだか2カ月おきになってます(汗



いつものリードネタ。

4月上旬より匠チューブを試しています。
発売したてのころに一度試した時はへーって思って終わりでしたが、
今回は寸法等色々試行錯誤した結果、わりといい感触です。

それで寸法は、

匠チューブ真円46mm
シェーパー ヘルトナーゲル25番
巻き全長74mm
完成全長72~71.5mm(最初72で切って、そこから材料によって短くしていっています。)
ワイヤーの位置 チューブ先端より3mm(珍しくきっちり決めています。)

リード材もチューブに合わせて変更。今までよりも柔らかめ、直径も細く9.5~10mmにしてみています。
(チューブがchiarugiやgualcoの時は少し硬め&10~10.5mmの材を使っていました。)

こんな感じでお試し中。
また戻すかもしれませんが・・





| リード | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gualcoチューブ

もう3月ですね。
最近土日は引き籠ってガチでさらっています。




では、またリードの話でも。
昨年末よりまた新しいチューブを試しています。



スペインのGualcoのもの。こちらで製品紹介が見れますが、
チューブの内径の一部が黒檀でできています。
上から真鍮、銀メッキ、銅の三種類ありますが、一通り試したところやっぱり真鍮のものがしっくりきました。

内径はChiarugi2やロレーのチューブに近いので、今まで使っていた2+よりは細いです。
管の短い音(特にHやC)が他のチューブに比べて痩せないのがいい感じです。


IMG_0551_convert_20120311165000.jpg


だいぶ値段は高いのですが、試す価値のあるチューブだと思います
東京だと渋谷のアクタス、大阪だとアトリエアルファでも取り扱いがあるようですね。


| リード | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT